新築物件が賃貸にある理由

賃貸物件を探していると、新築物件を見つける事もあります。
なぜ新築なのにいきなり賃貸で出ているのか。
元々が賃貸のための物件であれば解らない話ではないものの、その物件は賃貸物件ではなく、分譲だったにも関わらず賃貸で出ている。

しかも新築なだけに高い注目を集めていたりするのですが、なぜそのような新築物件がいきなり賃貸に出されているのか。
ともするとまだ完成していない分譲マンションが賃貸に出されていたりもするのですが、その理由はマンション投資です。

マンション投資は不労所得を得る事も出来ますし、将来の財形貯蓄など様々なメリットがありますので、近年では注目度が高まっているのです。
そのため、マンションを購入し、住むのではなく他の人に貸す。
このような人もいるのです。

その場合、自分自身で支払うローンを賃貸での収入でまかなう。
つまり、言うなれば自転車操業の逆バージョンのような形となりますので、自分自身の出費なく、後々はローンを終える事が出来るようになるという事です。

財テクの一種としてとても高い注目を集めているのも解らない話ではありませんよね。
ですので、いきなり新築分譲マンションが賃貸として出されていても、おかしな話ではないのです。

そのような物件に住んでも良いのかどうかとの疑念を抱いている人もいるかもしれませんが、結局はオーナーが異なるという名義だけの問題であって、物件そのものが違うという事はありません。

これが築年数が長くなってくると、リノベーションやリフォームを行うオーナーもいたりしますので、同じマンションではありながら部屋によってまったく状態が異なるという事もあるのですが、新築分譲であればそのような事はめったにありませんので、住む上では特に問題はありません。

他の部屋同様、新築の香りを嗅ぎながらの生活が待っているはずです。
このような事情を知っておくだけで、部屋選びもいろいろと変わってくるはずです。

山形 ショールーム