外壁塗装の時期とタイミングについて

皆さんの中で、現在、自宅の外壁の状態を把握している人はどれだけいるでしょうか。
大切な自分の住まいとはいえ、外壁の状態に注目するということは普段なかなかないことだと思います。

しかし、この建物も築十年以上経っているから、外壁も古くなっているだろうけど、見た目はあまり気にしないからそのままで大丈夫、壁を塗り直すにもお金がかかるし必要ない、というような人がいるのであれば、注意が必要です。

外壁は雨や風、日光などからダメージを毎日受けています。
よって外壁の塗装も劣化が生じてしまいます。

外壁塗装の劣化は見た目が悪くなるというだけでなく、ひび割れなどによる雨水の侵入など、建物内部まで悪影響が及んでしまうのです。
このように外壁の塗装には寿命があり、塗装の劣化を放っておくと建物の寿命まで縮めてしまうことになってしまうのです。

よって、建物全体のことを考えて、定期的に外壁塗装を行なう必要があるのです。

→横浜フォームの外壁塗装・屋根塗装の価格・費用の一覧

外壁塗装を行なう時期の目安としては、建物の状況や使用している塗料にもよりますが、数年から10年くらいが一般的と言われています。
一般的に7年くらいから劣化の症状が目にも見えてくるので、その時点で外壁塗装を行なえば非常に効果的です。

しかし、外壁塗装の費用は決して安いものではないので、なるべく引き伸ばしたいという人も多いでしょう。
そこで、これ以上放っておくと、塗装が剥がれ落ちて、建物にも悪影響を及ぼしてしまうとされる10年前後くらいに外壁塗装を行なうという人が多いようです。

また、外壁塗装を行なうベストな季節というのは、特になく、基本的に一年中いつでも外壁塗装業者に依頼することは出来ます。
しかし、雨が降ると、塗料の乾きにも影響してくるので、梅雨のシーズンなど雨が降りやすい時期を避けるというのは良い方法と言えます。

雪に関しても同様のことが言えるので、雪の多い地方であれば雪が降るような季節は避けた方が良いということになります。
やってもらえないということはないと思いますが、雨や雪が続けば工事期間が長くなることは充分に考えられます。