広がる人工知能の世界

これからの技術として今大きな注目を浴びているのが人工知能です。

将来的には人の世界はこの人工知能によって大きく変わるだろうともいわれているものです。

例えば車の自動運転というものも将来的にはこの人工知能によって賄われることになるかもしれません。

人はタクシーのような感じで車に乗り、行き先を指定すれば、後は人工知能が運転してくれて安全に目的地につけるということになるかもしれないのです。

危険は全てこの技術で回避できるようになるのではないかとも考えられています。

人工知能すなわちAIは今急激な進化を遂げています。

先の車の自動運転の技術もそうですが、今まさにいろいろなところで活躍するようになっています。

例えば囲碁の世界でも活躍するようになってきました。

囲碁の分野ではまだAIは人には勝てないだろうといわれていたのですが、最近ではプロの棋士を負かすようなものが登場するようになりました。

今ではAIの方が強いのではないかとも考える人も少なくはありません。

将棋の分野では既にAIの方が勝っていると考える人が多くなっています。

プロの棋士でもなかなか勝てないというほどに今のAIの技術は進化しているわけです。

※参考:羽生善治名人「将棋のAIは未知数」 叡王戦へ決意語る

今のAIの特徴はセルフラーニングともいわれる自己進化型のものが登場してきたのが特徴です。

このタイプは自分で経験を積んでどんどんと学んで成長していくのが特徴です。

そのため初期の段階では赤ちゃんのような未経験の状態ですが、どんどんと経験を積んで勝手に自分で成長していき賢くなっていくということになっていきます。

そして、その成長がプロ棋士を負かすようなところまで来たというわけです。

先の車の自動運転の技術においても最初はどんどんと他の車と接触していたものが、経験を積むことで他の車と接触しないようになるというものです。

もちろん、この経験というのはラジコンなどのミニカーで行われているので、接触しても壊れないし、人も載せていないという状況で経験を積んでいかせています。

ただ、この自己進化型のAIにも課題というものはあります。

それは、善悪の判断というものがないところです。

これについては映画などにもなりました。

ロボットが急に暴走して凶悪になり人を襲い始めるというような映画です。

善悪がないということは何でもしてしまうということですから、こうした課題をこれからいかに解決していくのかということも課題の一つとして上がっています。

ただ、この善悪についても経験によって学ばせるということも考えられなくはないのですが、どのような経験をつむことになるのかということがプログラムの制作者もわからないのがこの問題となっています。

つまり、自己進化型のAIでは制作者が意図して作りたいと思ったものにならない可能性が高いということがあるわけです。

先の将棋や囲碁の例でもプログラムの制作者はプロ棋士よりもはるかに弱い打ち手なのですが、その制作者に作られたAIはプロ棋士に勝ってしまいます。

これは、作り手を超えてしまっているからです。

これがAIの魅力ではあるのですが、善悪の判断についての問題となるとなかなか難しいものとなるわけです。

元々何が善で何が悪かというものはあいまいですし、人や立場によっても全く変わったものとなるでしょう。

将来的には間違いなくこの人工知能というものが人の暮らしに大きく影響をしてくることは間違いのないことです。

特に将来的にはインターネットがますます普及して、さまざまな情報がやりとりされるようになることが予想されますから、そうした情報を効率よくさばいていくためにもこのAIの技術というものは欠かせないものともなると考えられるわけです。

先の車の自動運転という例でもありますが、各車の走っている情報を集めて渋滞情報を作り、車を空いてる道路へ誘導するといいったことも可能となるでしょう。

車の自動運転が出来るようになると、こうしたことも可能となります。

また、医療などの分野でもレントゲンなどの写真情報を集めてAIに精査させることで、医師が見逃してしまうような患者の写真を見つけるようにすることも可能であろうともいわれています。

外科的な手術もすることが出来るようになるものもでてくるかもしれません。

自分で経験を積んで何でもできるようになるわけですから、今人が行っていることは理欄上では全てAIにさせることも可能ともいえるわけです。

もちろんこれは理論上のことで、実際にこれを行わせるにはロボットのような手足が必要となりますから、AIが考えたことを現実に実行するものも開発される必要があることにはなります。

これについても今はどんどんと進化しています。

ロボットは二足歩行が可能となりましたし、言葉を話して接客をするロボットというもの登場するようになりました。

将来は人と同じ動きをするようなものも出来るだろうということはいえるでしょう。

これとAIが組み合わされば何でも出来るようになるわけです。

 

[PR] 人工知能(AI)を使った人事支援サービス