大麦若葉が主原料の青汁

体験談

食生活の改善に栄養価が高い青汁で補う

便秘と腹部膨満感でお腹にガスが溜まりおならの臭いもきつくなったような気がする、体のめぐりが悪くてむくみや冷え性や肩こりや腰痛の症状が出てしまう、太りやすい体になってしまいダイエットをしてもなかなか痩せられない、吹き出物やニキビなどの肌トラブルが多くなったなどの不調に悩まされている方は多いのではないでしょうか。

加齢や運動不足や睡眠不足や自律神経のバランスの乱れやホルモンバランスの乱れなど不調の原因になり得るものはたくさんありますが、食生活の乱れもその一つです。

単純に食べる量を減らして摂取カロリーを抑えるという極端なダイエットを繰り返している、自炊をする習慣がなく外食や中食やインスタント食品やレトルト食品に頼りがち、食べ物の好き嫌いが多くて偏食になりがち、疲れやストレスが溜まると暴飲暴食に走ってしまうなど、食生活が乱れる原因は様々です。

健康で美しい体を維持するために必要不可欠な栄養素と言えば、ビタミンやミネラルやタンパク質や食物繊維です。

これらの栄養素が不足して脂質や糖質の摂取が多くなると、代謝が悪くなりカロリーオーバーであっという間に太ってしまいますし、栄養バランスの偏りが生じると便秘やむくみや冷え性や肌荒れや肩こりや腰痛などの不調を引き起こしやすくなります。

不調を解消させたいなら、食生活の改善が必須です。

 

大麦若葉は栄養の宝庫

栄養バランスのとれた質の良い食事に変えて、体の内側から不調の原因にアプローチしていきましょう。

食生活において心がけるべきこととしては、朝食はエネルギー補給のためにしっかりと食べて夕食は少なめにする、一気にドカ食いするのではなく1日5食くらいに分けて少しずつこまめに食事をとる、喉が渇かなくてもこまめに水分を補給して新陳代謝が活発な状態をキープする、高カロリーな糖質や脂質を控えて食物繊維が豊富に含まれている食べ物を積極的に食べる、めぐりの良い体質をつくるためにアミノ酸やビタミンB群を意識的に摂取する、乳酸菌やビフィズス菌やオリゴ糖を摂取して善玉菌を増やし腸内環境を整える、ビタミンやミネラルが不足しないように野菜や果物をたっぷりと食べる、肉や魚や大豆食品や乳製品や卵をバランス良く食べてタンパク質が不足しないようにするなどがあります。

しかし、食生活をいきなり変えるというのは難しいことですし、忙しくて食事に時間をかけることが出来ない人や自炊の習慣が無い人にとっては物理的に不可能な場合も多くかなり高いハードルとなるでしょう。

そこでおすすめなのが、大麦若葉が主原料となっている青汁を食生活に取り入れるという方法です。

大麦若葉は栄養の宝庫で、ビタミンや食物繊維やミネラルや酵素やクロロフィルなど健康や美容やダイエットに欠かせない栄養素や成分がたっぷりと含まれています。

それを摂取しやすいように加工したものが、青汁です。

粉末タイプやタブレットタイプや液体タイプなど様々な形状の商品が市販されていますが、その中でも最もポピュラーなものと言えば粉末タイプです。

たっぷりの水に溶かして飲むことで栄養摂取と水分補給を同時に行うことが出来る、ヨーグルトやアイスクリームにトッピングしたり牛乳や豆乳などに混ぜたりなどアレンジが楽しめる、チャーハンやパスタやパンケーキやスープなどの料理にも使えるなどのメリットがあり、取り入れやすいというのが特徴的です。

ケールや明日葉なども青汁の主原料としては有名ですが、やはり青汁と言えば大麦若葉です。

参考→大麦若葉とケールの違い

 

飲みやすい青汁は大麦若葉

大麦若葉のおすすめポイントとしては、クセが無くて飲みやすい、様々な栄養素や成分がバランス良く含有されている、食物繊維が豊富でダイエットや便秘解消に最適などがあります。

一昔前までは青臭くて飲みにくいというイメージが強く抱かれていた青汁ですが、今はそのイメージがだいぶ弱まってきています。

健康志向の上昇に伴い、様々なタイプの青汁が販売されるようになりました。

フルーツ風味で甘くて美味しいジュースのような青汁もありますし、緑茶や抹茶のような感覚で飲むことが出来るタイプの青汁もあります。

ビフィズス菌や乳酸菌やオリゴ糖が配合されていて腸内環境改善を目的として作られたものもありますし、コラーゲンやヒアルロン酸やセラミドやプラセンタなどの女性に嬉しい美容成分が配合されている青汁も急増しています。

嗜好やライフスタイルに応じて選べるようになり、青汁の普及は急速に進みました。

ダイエット目的で取り入れるなら、食前や食事中に飲むのがベストです。

青汁に含まれる食物繊維が、食事に含まれる糖質や脂質の吸収をブロックしてくれるからです。

カロリーカット効果が期待できます。

腸内環境改善効果を期待するなら、乳酸菌と一緒に摂取するのがおすすめです。

乳酸菌には善玉菌を増やして悪玉菌を減らす作用があり、食物繊維には便の量を増やして排便を促す作用があります。

このダブルの作用で、効率的に便秘を解消させることが出来ます。

食物繊維が豊富な大麦若葉の青汁で、不調の無い健やかで美しい体に導きましょう。

体験談
出会いが欲しいならJメールがよい

人々の出会いは、顔を合わせることによって初めて進展していくものでした。 今まではそのような歴史があっ …

体験談
競馬で有利に価値を手に入れる方法

日本では公営ギャンブルというものが、1945年に誕生して以来現在も多くの方が嗜まれてます。 オートレ …

体験談
中国輸入物販ビジネスの方法や注意点についてアドロジの見解

目次1 隙間時間で始められるビジネスチャンス2 代行業者を上手に利用する3 トラブルの可能性を想定し …