【春田氏の調査】海外セレブが必ず保有するプライベートジェット

旅行

「プライベートジェットの魅力が知りたい」
「プライベートジェットって値段はどれぐらいするの?」
「春田英樹さんの経歴や魅力も気になる」

日本は世界有数の経済大国と称されている地域です。
2020年には国内総生産であるGDPが20パーセントを記録したことであり、今後は幅広い年代・家庭で富裕層が生まれていくことが見込まれるようになりました。
今の日本は経済的に恵まれるようになったのは、1965年以降からです。
それまでは第二次世界大戦の爪痕がまだ生々しく残っていたもので、イギリスやアメリカなどから復興支援を受けていました。
その後、国連に再び加盟をしたことで、1962年に世界万国博覧会を実施、翌年には東京オリンピックも執り行われました。
この影響を受けて、国内の至る箇所で大規模な工場地帯が建造されて、高度な産業を確立するにいたります。

【最新版】中部国際空港から便利に利用できるタクシー

サークル旅行のプランニング

プライベートジェットなどの旅客機が大好きな春田英樹さんのピンタレストアカウントはこちら
春田英樹

日本の戦後復興を完了させた高度経済成長期

また東京一帯では大企業の本社ビルが建ち並び、たくさんの産業が誕生しました。
多くの方が一度は見聞きをされたことがあるでしょう。
高度経済成長期というものは、日本が戦後復興を完了させるきっかけとなった時代のことを指しています。
1967年からGDPの伸び率が一気に高まり、20代から30代の男性は大半の方が会社員としてサラリーマン生活を送ったものです。
それ以前は農業や漁業に従事をする方が、全人口の2/3を占めていたものでした。
この場合は安定した収入を確保ができず、さほど恵まれた暮らしを送れないという方が大半でした。
しかし、大企業に勤めだしたことで、毎年500万円以上もの収入を手に入れられる方が多くなったことで、一気に日本は豊かな暮らしをする方があらわれました。

保有資産が5億円をこえるセレブという層

今では日本は恵まれた国と言われますが、上には上が存在しているものです。
多くの方が「セレブ」という言葉をご存じでしょう。
このセレブとは、保有資産が5億円をこえる方々を指しています。
もともとは1890年頃に、アメリカのカリフォルニア州にあるロサンゼルスで誕生した言葉でした。
この一帯はもともとは海岸線のみしかなく、寂れた漁村といえる場所です。
しかし、1900年に東海岸に本社を構えていた映画会社が広大な土地を買取って映画スタジオを建設しました。
これが現在のハリウッドと呼ばれるものであり、一気にゴールドラッシュが巻き起こったわけです。
セレブという言葉は「セレブレティ」というフランス語で、王族という意味を持っています。
一気に巨万の富を気づいた人々があらわれて、豪華な住まいを構えて生活をしました。
現在でもその方々は、とくにハリウッドの一体で暮らされており、映画俳優からスポーツ選手・さらにはIT企業の経営者などいろんなジャンルの方がいます。

セレブなら必ず保有しているプライベートジェット

そこでここでは、セレブなら必ず保有をしていると言われるある乗り物をご紹介しましょう。
それは「プライベートジェット」です。
一般的な飛行機とは異なり、約20名程度の少人数しか乗れないのがポイントです。
そして時速500キロメートルほどの速度を出すことができ、高度1万メートルを自由に飛行することもできます。
多くの方が国内や海外に足を運ぶとき、航空機を利用されることでしょう。
空港で搭乗手続きをしてからゲートが開くのを待って、利用する方々と一緒に並んで乗り込みます。
鉄道やバスと異なってスムーズに乗り込めないというのをデメリットに感じますが、プライベートジェットではその限りではありません。
これは個人所有の飛行機であり、格納庫から直接搭乗をすることが可能です。
つまり、順番待ちなどをせずに、空港から行きたいところの自由に羽ばたけるというのが特徴となります。

1機あたりの価格が10億円以上もする

なぜお金持ちしか持っていないのか、それは1機あたりの価格が10億円以上もするからです。
これこそ、まさに巨万の富を手にした方が最終的に手に入れたい乗り物といっても過言ではありません。
では、どのような活用法で使用をされているのでしょうか。
事例をあげていくと、旅行から海外出張・さらにはバカンスを満喫するというのが大半を占めています。
プライベートジェットの良い点はどんな活用法でも自由という点で、アメリカであれば国内移動で用いる方がほとんどです。
アラブ諸国の場合は、家族全員で海外旅行に活用される方が多い傾向になっています。
プライベートジェットの場合、必ずパイロットを雇用しなくてはいけません。
専属で長距離の移動となるので、臨時の契約では対応ができません。
日本でもプライベートジェットを保有されている方はいますが、ほとんどが企業の名前で会社が所持をしているというスタイルを通されています。
理由としては個人で持つと多額の維持費と税金が必要になり、コストパフォーマンスには優れているとはいえないからです。

まとめ

会社名義であれば、毎年確定申告時に必要経費という形で維持費を捻出することができます。
この点をみると、アメリカのように税金が安い点で個人が保有しやすい環境があるといえるでしょう。
だからこそ、アメリカのセレブの間では必ず1機を手にしている方が多く、自由な空の旅を満喫されているわけです。

旅行
サークル旅行のプランニング

学校で課外活動や趣味の集まりなどのサークルに所属しているメンバー同士の親睦と交流を深めるイベントとし …