テレビ番組の制作会社がやっている仕事

仕事

テレビ番組といえば制作会社の存在が知られていますが、具体的に何をしているのかはあまり一般的ではないです。
制作会社はいわば放送局の下請けのような存在で、放送局からテレビ番組の発注を受けて制作を行い納品します。

放送局系列の会社と独立系の会社に分類される

また大きく分けると放送局系列の会社と、独立系の会社に分類されます。
前者の放送局系列は特定の放送局との相性が良く、発注が継続的に行われることから実績やノウハウが豊富で、結果として安定したテレビ番組の品質に繋がります。
対する後者の独立系は、独自の方向性でテレビ番組の制作に取り組むことから、特定のジャンルや専門的な番組で強みを見せます。
いずれにしても、制作会社は番組制作の人材や機材、そしてノウハウを持っている共通点があります。
その為、番組制作に特化した人材を育てたり、テレビ業界で活躍できる育成に取り組む傾向です。

制作会社の仕事

テレビ業界特有の文化に精通していたり、放送局やタレントとの良好な関係を築くべく、そういう部分にも力が入ります。
制作会社の仕事には、制作スタッフやプロデューサー、ディレクターにアシスタントディレクターなどがあります。
制作スタッフはプロデューサーからアシスタントディレクターまでを含む、現場で制作に携わるスタッフのことです。
プロデューサーは番組制作の責任者として、企画の立案や予算関係、スポンサー探しやキャスティングなども手掛ける仕事です。
当然ながら全責任を負う立場にあるので、放送が始まる直前のテレビ番組のチェックも怠らないです。
関係する様々な現場に顔を出しますから、広く知られていてコネクションも多いといえます。

ディレクターは制作現場における責任者

ディレクターは制作現場における責任者で、プロデューサーの意向を汲んだり、構成作家などと協力しながら番組を作り上げます。
台本のチェックやスタッフに仕事を割り振るのも、このディレクターの役割です。
アシスタントディレクターはディレクターの補佐で、番組を進行するサポート役を担います。
ロケーションの確認や撮影に必要な交渉、それにロケ弁の準備なども担当します。
他にも技術スタッフやカメラマン、編集や音声スタッフにアナウンサー、リポーターといった肩書の人も在籍しています。

まとめ

このように、様々な役割を持った人達が協力して、企画通りに番組を制作するのが制作会社という存在です。
放送局は制作を担当する会社がなければ成り立ちませんし、質の高い番組を作って放送するのも難しくなります。
つまりそれだけ制作の重要性は高く、なくてはならない存在だといえるでしょう。