特別養護老人ホームの仕事

看護師の仕事には、様々なものがあります。
病院勤務で夜勤と日勤があるような仕事から、クリニックでの短時間勤務まで、いろいろな働き方を実現できるというのも看護師のメリットですよね。

そんな看護師には、病院以外で働くという選択肢もあるんです。
特別養護老人ホームなどもそのうちのひとつですね。
これは、要介護1〜5の人が入所するタイプの老人ホームです。
介護が必要となる人が入所者なのですから、当然、介護をする人が必要ですし、看護師としての専門的な知識が必要になってくる部分もあります。
ですから、特別養護老人ホームでは、看護師求人をしているんです。

主な仕事としては、入所者のバイタルチェックや薬の管理、急な体調変化の対応などがあります。
もともと健康に不安を持った老人も集まっているのですから、様々なケースが起こり得るのです。
とはいえ、病気の人の看護がメインで、手術なども行われる病院とは違い、やはり、仕事自体はそれほど難しいものではありません。
それよりは、老人ひとりひとりときちんとコミュニケーションを取ったり、丁寧に接したりという姿勢が大切になる職場だと言えるでしょう。

病院に比べると、夜勤や残業がないなど、時間の余裕はある場合が多いようです。
ただし、夜間に何かトラブルがあった場合などには、コールで呼び出されるという態勢を敷いているところも多くあるようです。

また、看護師として就職しても、介護の仕事も行う場合もあるのが特別養護老人ホームの看護師です。
仕事の一環として、入所者とのつながりが強くなるのが魅力のひとつですから、看護に拘らずに広く手助けがしたい、と思う人には、こういう部分は向いているでしょう。
しかし、看護の仕事だけがしたいという人は、介護の仕事は手伝わなくても良い老人ホームを選ぶようにしてください。

病院勤務に比べると、時間の都合がつきやすく、仕事内容も緩やかな老人ホームでの看護師求人は、ブランクのある人や、自分の生活時間を大切にしたい看護師の方におすすめです。