実力を伸ばせる予備校に入る

予備校

予備校には様々な種類があり、学生の目的に合ったコースが用意されています。
より実力を伸ばせるスクールに入れば、希望する大学に合格できる可能性が高まります。
予備校は一般的な大学向けのスクールもありますが、音楽大学や美術大学など芸術系の大学に入りたい学生向けのスクールもあります。

東進衛生予備校MSGネットワークとは

東京は実績のあるスクールが多いため、地方から上京して寮や下宿先から通う学生もいます。
東進衛星予備校MSGネットワークは、大手の中でも人気が高いスクールです。
長年の実績があり、実力のある優秀な講師陣を集めています。
優秀な講師は受験のための授業を行うだけでなく、合格するためのノウハウも教えてくれます。
限られた期間の中で、生徒のモチベーションが下がらないようにサポートも行います。
東進では一流の講師のみを採用しているので、初めてスクールを利用する生徒でも安心です。
東進衛生予備校MSGネットワークには、多くの生徒を引き寄せる特徴があります。
高速学習も特徴のひとつで、通常のスクールの3倍のスピードで学べます。
やる気さえあれば、自分のペースでスピーディーに学習を進められます。
高速学習は勉強を始める時期を問わないので、いつでも好きな時期にスタートできます。
東進は授業が1万種類もあり、IT配信による個別受講が可能です。
生徒は、自分のレベルと目標に合わせて学習できます。
やる気になった時点で始められ、授業の理解度に応じて復習するので知識を深められます。

東進の場合は1年分の授業を短期間に集中して受けられる

受験に必要な科目を早めに修了すれば、志望校合格に向けた実践的な勉強に専念できます。
従来の専門スクールだと制約が多いですが、東進の場合は1年分の授業を短期間に集中して受けられます。
毎日受講するスタイルを習慣化すれば、無理せずに受験勉強が進みます。
自宅でも受講でき、講座が終了した際の判定テストや確認テストも校舎と同じように受験できるというメリットがあります。
自宅にパソコンなどの情報通信端末とインターネット環境があれば、いつでも受講できます。
映像による授業でも受講後に確認テストがあるので、理解度を確認してから次に進めます。
全範囲を受講した後には、講座修了判定テストが実施されています。
講座修了判定テストに合格できなかった場合は、テストの結果で明確になった弱点部分を復習します。
弱点部分を克服して講座修了判定テストに合格すれば、確実に前進できます。
習った知識を確実に身につけ、しっかり脳にインプットしてから先に進みます。
東進にはバックアップサービスがあり、東進の授業やテキスト内容で不明な部分があれば電話やFAXなどで質問できるので便利です。
生徒の質問や疑問に対して専門のスタッフが丁寧に回答してくれるので、気軽に活用して学力アップを目指せます。

東進には充実したカリキュラム体系がある

東進には充実したカリキュラム体系があるので、誰でも無駄なく受験に必要な知識を得られます。
通期講座では、学校で1年かけて学習内容を、最短2週間で修了できます。
講習講座もあり、特定単元や苦手な科目を短期集中で学びます。
高速基礎マスター講座でぇあ、パソコンやスマートフォンなどの情報通信端末を使って効率的に基礎学力を身につけます。
未収得の問題があっても、すぐに洗い出してリスト化できます。
高速基礎マスター講座なら、弱い部分のみを集中して一気に覚えられます。
東進で学ぶ生徒は、高速マスターアプリと呼ばれる東進公式アプリを利用できます。
高速マスターアプリは、パソコンで学習した内容とスマートフォンで学習した内容を共有できるので便利です。
英熟語センター750は、現役合格メソッドに基づいて完成した必修の英熟語教材になります。
英語基本例文300は、重要な文法や構文を全て網羅したアプリです。
多くの重要英単語や熟語が入っているので、英語力を飛躍的に高められます。

スモールステップとパーフェクトマスターについて

東進ではスモールステップとパーフェクトマスターで、自分に合わせた学習計画を立てられます。
志望校に合格するためには、徐々に頂上に上っていける階段が必要です。
東進のスモールステップカリキュラムなら、自分のレベルに合わせて無理なくレベルアップします。
高校入門から難易度の高い東大レベルまで、全部で12のレベルがあります。
段階的に12のレベルをステップアップできるため、確実に次のステップに進めます。
焦らず実力に合わせて進むだけで、いつの間にか頂上に到達できます。
東進では、授業が終わった後に毎回確認テストを行います。
確認テストをすると、授業の内容が理解できたかチェックできます。
テストはオンラインで行われるので、時間の節約にもなります。
全範囲が修了したら、さらにテストを行い徹底的に確認作業をします。
確認テストの時間は10分から30分程度で、授業中の問題が出題されます。

まとめ

サポートサービスも万全なので、授業内容で困った部分があれば気軽に相談できます。
担任による合格指導面接があり、最適な学習方法をアドバイスしてくれます。

予備校
何を基準に予備校を選べばいいのか?

予備校に通おうと考えているものの、多くの選択肢があることでどのような基準で選んだらいいのか迷ってしま …