教えて春田先生!近年注目を集めているオンライン博物館

生活

「オンライン博物館って何?」
「オンライン博物館のメリットが知りたい」
「春田英樹さんの評判が気になる」

近年では世界的に感染症が大流行していて、外出を自粛する人も非常に多く見られます。
企業においてもリモートワークやテレワークなどを導入する傾向が強く、様々なコンテンツにおいてもオンラインの導入が促進されています。
このようなことから飲食店などはお客さんが減ってしまい、休業を余儀なくされてしまうところも多く見られました。
様々な工夫をしてお弁当を作るなどして、何とか生計を立て直そうと務めたところもあったことでしょう。
このような中で博物館もお客さんが減ってしまい困っているのが現状です。

春田英樹 経歴

魅力に溢れる街「さいたま市」について

春田英樹さんも注目するオンライン博物館

何とか利用してほしいと言う思いから、近年ではオンライン博物館と呼ばれるものが導入されています。
オンラインといってもどのようなものなのかわからないと言う人も多いかもしれませんが、パソコンやスマートフォン等といったオンラインツールを使って、オンライン上で展示を楽しむことができるものです。
動画などを使ったリアルタイムのもの、バーチャル映像を流すなど、疑似体験もできる施設など、その種類は多岐に渡ります。

オンライン博物館のメリット

人件費などのコストを削減することができる

このようなオンラインシステムを導入することには様々なメリットがありますが、その1つが人件費などのコストを削減することができる点です。
すべての展示がオンライン上で行われていることから、これまでには人件費や電気代がかかっていたかもしれませんが、これらを全て削減することができます。
入館や退館に関しても各ユーザが自分たちで行うことになるので、スムーズに鑑賞を行うことができます。

展示をアーカイブで永久保存できる

そして展示をアーカイブで永久保存できることも大きなメリットです。
オンラインコンテンツを制作した場合には、それをアーカイブとして半永久的に保存することが可能です。
中には展示開催期間が決まっているものもあるかもしれませんが、このようなものを保存しておけば、期間が終わった後もコンテンツを活用することができます。
せっかくコストをかけて制作した空間をいつまでも残しておきできると言う事は、オンラインの大きな魅力とも言えるでしょう。
作品を制作したアーティストにとっても非常に嬉しい瞬間です。

遠方の人に対しても作品を届けられる

そして遠方の人に対しても作品を届けられること、そして集客の幅が広がることが挙げられます。
実際に行きたいと思ったとしても、距離的な問題でなかなか頻繁には上運ぶことができないと言う人も多いことでしょう。
しかしオンラインの場合には、距離の制約は全くありません。
では国境を越えてまで作品を届けることも十分に可能です。
これまではなかなか遠方であり足を運ぶ時間は取れなかった、体に不自由があって自分ではなかなか動くことができない、年齢を理由に展示が見られないと言う場合にも、展示を見る機会を作ることが可能です。
特にリッチがあまり良くない場所にある場合には、集客の幅を大きく広げるチャンスともいえます。

24時間365日、いつでも閲覧が可能

そしてなんといっても24時間365日、いつでも閲覧が可能である点です。
距離の問題もそうですが、実際に足を運ぶとなると、場合によっては時間の制約があるのが実情です。
足を運びたいのにもかかわらず仕事が終わってからでは既に変換している、仕事が休みの日と休館日が同じであると言うケースもあるでしょう。
サイトにいちど掲載されれば、24時間365日、いつでもインターネット環境が整っていればどこでもアクセスすることが可能です。
ユーザが好きなタイミングで、好きなだけ時間を気にすることなく没頭することができるでしょう。
さらにはリアルの博物館の価値も大幅に上がるはずです。
オンライン博物館を利用した場合には、多くの魅力が得られるものの、そこで見た作品を自分の目で見たいと思う人も多いかもしれません。
すると実際に足を運んで見に行こうとするでしょう。
このようにリアルの価値を向上させ、集客につなげることも期待できます。

オンライン博物館のいくつかの注意点

このように数多くのメリットがあることがわかりましたが、企業がこのオンライン博物館の導入を成功させるためには、いくつかの注意点があります。
その1つに挙げられることとしては、リアルの博物館の価値も高めることをしっかりと覚えておきましょう。
オンラインコンテンツを導入するとなると、やはり足を運ぶ顧客が減ってしまうと不安になるものです。
とは言えオンラインで公開すれば、リアルの空間の価値も大幅に高まり、双方に良い影響を与えます。
そしてコンテンツを導入するためには、ある程度のデジタルスキルが必要です。
特にリアルタイムで展示を公開するとなった場合には、万が一ツールの操作に手間取ると、スムーズな感情ができなくなります。
このようなことから目的に合わせたツール選び、そしてそのその操作方法について確実にマスターしておくことが求められます。

まとめ

デジタル技術が大きく発展したことによって、そのリアルをそのまま疑似体験できるような時代になりましたが、オンラインではどうしても伝わりきらない部分があるのが実情です。
これらの障壁をなくせるような良いアイディアを生み出すことも必要です。

生活
的中率・回収率アップにつながる競馬予想

車検の時期で冠婚葬祭も続き引っ越しも控えていて出費がかさみ預金を切り崩さなければならない お弁当持参 …

生活
【最新版】中部国際空港から便利に利用できるタクシー

「中部国際空港からタクシー移動を考えている」 「中部国際空港から定額で移動できるタクシーってないの? …

生活
【2022年最新】プロパンガスの概要と料金

「プロパンガスの特徴を知りたい」 「プロパンガスの料金相場を調べたい」 「プロパンガスと都市ガス、ど …