賃貸物件のオーナーと借りたい人をつなぐ全保連

●オーナー側だけでなく入居者も安心

実際に賃貸物件の運営をするオーナーにとって大切なポイントの1つが、空き室を防ぐという点です。空き室が多いと家賃収入が得られずに、物件の維持費だけがかかって赤字になってしまいます。

そこで入居者を募集しやすい環境を作るためのポイントの1つが、入居の条件を緩和するという点です。ですが入居の条件を緩和してしまうと、家賃滞納のリスクも高くなるという欠点が見られます。一方で物件を借りたい側にとっても、入居の条件が高いと賃貸契約を結びにくくなります。

例えば全保連の家賃保証システムを導入することによって、物件のオーナー側には入居者の条件を低く設定できるというメリットが見られます。

家賃保証システムがあることによって、入居者に何らかのトラブルが起きたときでも家賃収入が途切れることはありません。空き室のリスクも防げるので、オーナー側にとって安定した賃貸物件の経営に全保連は重要な役割を担っています。

そしてオーナー側だけが得をするのではなく、入居の条件が下げられることで物件を借りやすくなる利用者が多いというのもポイントの1つです。

このように全保連には、物件を貸す人と借りたい人の両者にとってメリットのある仕組みになっています。貸す人と借りたい人をつなぐことによって、人々の生活の手助けをしていると考えることもできます。

利用を検討している場合には、実際にはどのような形で利用することができるのか把握しておきましょう。

●全保連を安心して利用できる理由

例えばオーナー側にとって気になるポイントの1つに、家賃保証があってもどのくらいの期間でお金が振り込まれるのかという点があげられます。家賃が保証されるとしても、実際のお金の振り込みが1ヶ月後だとお金のやりくりに困ってしまうということもあるかもしれません。

ですが全保連の場合には、最短で当日にお金を振り込んでもらうことも可能です。営業日の3日以内にお金を振り込んでもらうこともできるの、オーナー側は家賃収入の管理がしやすくなるというのもポイントの1つです。

全保連が安心して利用できる理由の1つが、信託口座という仕組みです。実際に家賃が保証されると言われても、保証する会社側の倒産のリスクが心配という方もいるでしょう。

そこで信託口座の仕組みを使っているので、万が一保証する側の会社が倒産したとしても、家賃の保証はできるような仕組みになっています。オーナー側として契約を考えているのであれば、信託口座がどのような仕組みになっているのか把握しておくことも必要です。

賃貸物件と聞くと、マンションやアパートをイメージする方も多くいるかもしれません。ですが実際に賃貸物件の選択肢をチェックすると、マンションやアパートのほかにも一軒家や店舗さらにはビルなどのケースも見られます。

そこで全保連の家賃保証の仕組みの場合には、マンションやアパートだけではなく一軒家や店舗なども対象になっています。このようにさまざまな物件のケースで契約できることによって、多くのオーナーと借りたい人をつなぐ手助けを行うことが可能です。
※参考記事「全保連審査について

●家賃保証を利用した際のメリット

不動産投資に興味を持っているような方がいたとしても、家賃滞納のリスクなどが心配になると利用をためらってしまうということもあるでしょう。そのような方でも投資にチャレンジしやすい環境を作っているというのも、家賃保証におけるメリットの1つです。実際に利用を検討している場合には、家賃保証があるというメリットだけで考えるのではなく幅広く情報を集めて利用することを忘れないようにしましょう。

1つポイントになるのが、家賃保証があっても空き室リスクは防げないという点です。家賃保証が得られるのは、あくまで入居者がいる部屋だけです。空き室が多ければその分だけ利益が出しにくくなってしまいます。

そこで家賃保証の制度を利用するだけではなく、空き室対策については別途で考えていくことが必要です。賃貸物件の管理会社を利用するなどの方法で、どのように空き室対策を考えていけばいいのか調べるようにしましょう。

初めての不動産経営の場合には、どのような流れで進めていけばいいのか迷ってしまうという方も多くいます。実際に物件を運営していくうえでポイントになるのが、正しい情報のうえで判断できるようにするという点です。

自分の思い込みの知識だけで判断すると、思わぬ損をしてしまうリスクもあります。家賃保証の制度や空き室対策など、さまざまな視点から情報を調べたうえで賃貸物件の経営について考えていくようにしましょう。

また家賃保証に関する内容は、借りる側も把握しておくべき情報になります。特に確認しておくべき点の1つが、家賃を立て替えてもらった後にどのような流れになるのかという点です。

あくまで代わりに払ってもらっただけなので、その分の家賃の支払い方法について確認しておく必要があります。実際にお金を支払う場合には、銀行振り込みだけではなくコンビニでの支払いにも対応しています。